serendipity

如是我読  ペンギンは読書中

 
【2017年01月28日(土)】
・『彼が通る不思議なコースを私も』(白石一文)を買った。
 この人の本は2冊目かな。

【2017年01月31日(火)】
・表示されないと思ったら、
 UNIQLOCKのサービスは25日で終了してたのか。

【2017年02月03日(金)】
・『イモータル』を読んでいる。
 哲学が関わるらしいので僕にはどうかと思ったが、
 これがおもしろいのですよ。どんどん読みたくなる。
 本が好きな人なら楽しめるかも。

【2017年02月04日(土)】
・佐藤優の『僕ならこう読む』を買った。
 佐藤さんの本の読み方、とくに小説の読み方が気になる。

--------------------------------------------------

白石一文の本は、『幻影の星』『翼』に続いて3冊目だった。
不思議な感じのものばかり選んでいるのかな。

この作品もそうだけれど、
主人公(?)が持つある能力が柱になっているものの、
ストーリーは学習障害児の教育などを中心に動き、
ふつうの小説とあまり変わらない印象をうけた。

それがラストでこんな風になるとは。
展開が早くなり、ちょっと雑かな、
という気もして、どう終わらせるんだろうと思ったら、
こうきましたか。
気がつかなかったが、帯には「衝撃のラスト」とあった。
たしかにびっくりして、あちこち読み返したりしたけど、
これとはちがう終わらせ方があるような気もする。


4087455319彼が通る不思議なコースを私も
(集英社文庫)

白石 一文
集英社 2017-01-20

by G-Tools



4413045084僕ならこう読む
(青春新書インテリジェンス)

佐藤 優
青春出版社 2017-02-02

by G-Tools


コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::