serendipity

如是我読  ペンギンは読書中

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
 
【2017年02月15日(水)】
・又吉直樹の『火花』が文庫に入ったので買った。

【2017年02月18日(土)】
・『小津映画 粋な日本語』(中村明)を買った。
 ちくま文庫の新刊。

--------------------------------------------------

単行本がでたときに書店で見てみた。
エッセイなどは読んでいたから、
ある程度は予想できたけど、
それ以上に小説だな(あたりまえか)と思った。
前にも書いたけど、芥川賞作品は、
ぼくの好みとあわないのが多いみたいなので、
『火花』には期待しているわけです。

4167907828火花 (文春文庫)
又吉 直樹
文藝春秋 2017-02-10

by G-Tools



はじめて見た小津安二郎の映画は、
たしか『秋刀魚の味』で、
巻末の資料によれば最後の作品らしい。

本や雑誌でときどき目にしていたから、
小津作品に対しては、
純日本的で古風で静かな映画、
というようなイメージをもっていた。

ところが実際に見たら、ぜんぜんちがう。
会話はしゃれているし、ユーモアはあるし、
まさに僕好み。

この本で、どんなセリフがでてくるのか楽しみ。


4480434275小津映画 粋な日本語
(ちくま文庫)

中村 明
筑摩書房 2017-02-08

by G-Tools



コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
【2017年03月03日(金)】 ・『八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢』を読んだ。  シリーズ3冊の中では、ぼくの好みにいちばんあってるかも。 【2017年03月10日(金)】 ・ハヤカワ文庫の新刊、『時をとめた少女』を買った。  ヤングの作品集なのですよ。うれしい。 【2017年03月11日(土)】 ・『小津映画 粋な日本語』を読んでいると、  小津作品を見て、セ...
2017/04/02(日) 15:55:08 | serendipity
【2017年02月25日(土)】 ・『ビブリア古書堂の事件手帖 7』が  でたのでさっそく購入。 -------------------------------------------------- 『火花』は、ストーリーはおもしろそうだし、 文章も読みやすそうだし、 ページ数もそれほど多くないから、 すぐに読めるだろうと思った。 それが、読みだすと意外に時間がか...
2017/03/02(木) 15:10:12 | serendipity
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。