serendipity

如是我読  ペンギンは読書中

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
 
【2017年03月03日(金)】
・『八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢』を読んだ。
 シリーズ3冊の中では、ぼくの好みにいちばんあってるかも。

【2017年03月10日(金)】
・ハヤカワ文庫の新刊、『時をとめた少女』を買った。
 ヤングの作品集なのですよ。うれしい。

【2017年03月11日(土)】
・『小津映画 粋な日本語』を読んでいると、
 小津作品を見て、セリフのおもしろさを味わいたくなってくる。
 
【2017年03月24日(金)】
・中公文庫の新刊、『バン・マリーヘの手紙』を買った。
 久しぶりの堀江敏幸。エッセイ集。

--------------------------------------------------

これは去年の12月に買ったもの。
このシリーズの魅力は、事件の謎にあるのはもちろんだが、
全体を通しても、いくつかの秘密があること。
読者にはわかっていることなのだけれど、
それを、登場人物が、いつ、どんなふうに知るのかが、
楽しみになっている。
そしてそれは、どんどんわかればいいというものじゃないので、
こちらの関心は長くひきとめられるというわけ。

たとえば1巻のラストで読者に知らされた秘密など、
登場人物が知れば、シリーズがおわってしまう気もする。
あれがあきらかになれば、作品の大きな縛りがなくなり、
ミステリとしての密度が薄くなりそうだからだ。

とはいえ、少しずつでもいいから、進んでいってほしい。
今回は少し動きがあった。
登場人物のひとりで、勘のいい人物が、
ちょっとひっかかりを感じだしているのだ。
これがどうなっていくのか、次が楽しみ。

4800264847大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう
千両富くじ根津の夢
(宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

山本 巧次
宝島社 2016-12-06

by G-Tools



小津作品のセリフがおもしろいとは感じていたけれど、
これほどまでに考え抜かれたものだというのは、
本書を読むまで知らなかった。
アドリブなどありえないようなので、
映画を見ずにシナリオだけ読んでも、
そのおもしろさはわかるんじゃないかと思う。

4480434275小津映画 粋な日本語 (ちくま文庫)
中村 明
筑摩書房 2017-02-08

by G-Tools


収められた7篇のうち、
ごく短い2篇だけが初訳というのはさびしい。
訳しがいのある作品はまだまだあるだろうし、
本国よりずっと人気のある日本なんだから、
もっと読ませてほしいものです。
とくに僕の好きな時間テーマのを。

415012115X時をとめた少女 (ハヤカワ文庫SF)
ロバート・F・ヤング
シライシユウコ
早川書房 2017-02-23

by G-Tools


堀江さんの文庫は久しぶりな気がする。
とはいうものの、未読本を何冊もためているしまつ。
読みだすと次々に手をだすことになるので、
こういう状態もいいんだと思ってます。

4122063752バン・マリーへの手紙 (中公文庫)
堀江 敏幸
中央公論新社 2017-03-22

by G-Tools



コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。