serendipity

如是我読  ペンギンは読書中

 
ちょっとチェックしてみた
専用パンチには、もっと安いのもあるけれど、
Amazonのコメントを見ると、あたりはずれが多いようだ。

ノートの穴がルーズリーフの規格と違うのにも理由があった。
穴とリーフの縁との間隔が、ルーズリーフではちょっと広すぎて、
リングの径がどうしても大きくなってしまうからだとか。

名前が示すように、これはルーズリーフというより、
リングノートの一種と考えたほうがいいみたい。

バインダだけでなく、綴じ具と表紙のセットなど、
関連商品がいろいろあるし、さらに増えそうで楽しみ。

 
おそくなりましたが、新年のごあいさつを。
本年もボチボチやっていきますので、
よろしければ、ときどきおいでください。

--------------------------------------------------

【2017年01月11日(水)】
・知らなかった。
 これでツイストリングとダブルリング両方の長所が生かせる。
 うれしい。
リングノートを編集して使う
 
【2017年01月12日(木)】
・集英社インターナショナル新書創刊。
 『映画と本の意外な関係』(町山智浩)を買った。

【2017年01月13日(金)】
・佐藤優氏のコメントがついた広告を何度か見て、
 気になっていたので、『イモータル』(萩耿介)を買ってみた。
 新刊だと思ったら、2年以上前にでたものだった。

--------------------------------------------------

ツイストリングノートは発売されてすぐにチェックしたものの、
専用のリフィルしか使えず、
そのリフィルの紙質が好みにあわなかったので、
自分には縁がないと思っていた。

一般的なルーズリーフの穴の規格にあわなかったからだが、
ダブルリングノートの穴の規格(ただしJIS規格は除く)
と同じなら話はちがう。
僕好みの、薄くて少し安っぽい紙質のダブルリングノートが、
100均にはけっこうあるのですよ。

またダブルリングノートにしても、
リングの使い勝手がイマイチなので、
リングノートならスパイラル式を使うことが多い。

で、いろいろなノートで試してみようと思っているのに、
ダブルリングを外すリムーバが、近くの店では見つからない。
なくても外せるけど、手間がかかるので、どこかで手に入れたい。
ツイストリング専用のパンチもあるけど、2000円以上する。
それなら、好きなダブルリングノートを100均で買うほうがいいかも。

そして、これまた知らなかったのだが、
なんとダブルリングノート用のバインダがあるのです。
これがあればルーズリーフの出番がへるんじゃないだろうか。
ダブルリングノートに書いて、あとでバラしてまとめられるのだから。



このごろ文庫以上に新書が面白い気がする。
そこにまた新しい新書がでたので、さらに楽しみがふえそう。

4797680059映画と本の意外な関係!
(インターナショナル新書)

町山 智浩
集英社インターナショナル
2017-01-12

by G-Tools


2年前にでたときにチェックしたと思うのだが、
なんとなく表紙に覚えがあるくらい。
なぜいま中公文庫がこれの広告をだすのか、
ちょっと気になるので買ってみた。

4122060397イモータル
(中公文庫)

萩 耿介
中央公論新社
2014-11-21

by G-Tools



 
【2016年10月08日(土)】
・『夏目友人帳』の21巻がでていた。
 久しぶりにアニメの新シリーズも始まったし・・・

【2016年10月13日(木)】
・今日泊亜蘭のSFアンソロジ、『最終戦を争戦争/空族館』を買った。
 この人は作品以上に文章が好きだった。

【2016年10月22日(土)】
・『乱読のセレンディピティ』(外山滋比古)が文庫化されたので買った。

【2016年10月27日(木)】
・たまたま見たNHKの新ドラマ、「スニッファー 嗅覚捜査官」が
おもしろかった。
粒子の粗いフィルムのような暗い画面もいい感じ。

【2016年10月28日(金)】
・『乱読のセレンディピティ』を読んだあと、少し前に買ってあった
 『読んでいない本について堂々と語る方法』を読みだす。
 この順番で読んで正解みたい。

--------------------------------------------------

なぜいまごろ今日泊亜蘭、とも思うけど、単純にうれしい。
編者の日下三蔵氏によれば、創元SF文庫からも、
『縹渺譚』と『海王星市から来た男』の合本がでるそうだ。

本書はショートショート中心のアンソロジ。
いま読めばオチも見当がつくし、古い印象はあるけれど、
これは空想科学小説で、僕はこういうのが好きなのだ、
と、あらためて思った。


4480433937最終戦争/空族館 (ちくま文庫)
今日泊 亜蘭 日下 三蔵
筑摩書房 2016-10-06

by G-Tools





速読を薦めはしないものの、
内容を理解するのにある程度のスピードは必要、
と外山さんは言う。
一文字ずつていねいに読んだりしたら、
たしかに何もわからなくなる。

《本は風のように読むのがよい。》

という「まえがき」のことばがカッコいい。

『読んでいない本について堂々と語る方法』を読むと、
読むというのがどういうことなのか、
わからなくなってくる。
自分は何も読んでないんじゃないか、と思えたりもする。
本を読む、といっても、そのレベルは無限にあって、
人によってみんなちがうのだから。

読んでいるうちに、これは本だけでなく、
演劇や映画や音楽など、何にでも当てはまる気がしてきた。

思ったほど堅苦しくもなく、わりと読みやすいけど、
何度が読んで、やっといくらか絵が見えてくる、
そんな印象をうけた。

で、まだ1回目を読んでいる途中なのです。


4594075584乱読のセレンディピティ
(扶桑社文庫)

外山 滋比古
扶桑社 2016-09-29

by G-Tools


4480097570読んでいない本について堂々と語る方法
(ちくま学芸文庫)

ピエール バイヤール Pierre Bayard
筑摩書房 2016-10-06

by G-Tools




「スニッファー 嗅覚捜査官」,
タイトルくらいは知っていたけど、興味はなかった。
たまたまチャンネルを変えたらやっていた。
結局、最後まで見てしまった。

「粒子の粗いフィルムのような」と書いたけど、
2回目を見たら、そんなことはなかった。
それだけ最初の印象が強かったのか、
単に僕の思い違いか・・・
でも画面の感じがいいのはたしか。

謎解きの要素は薄いけど、おもしろい。



4592193717夏目友人帳 21
(花とゆめCOMICS)

緑川ゆき
白泉社 2016-10-05

by G-Tools


 
【2016年09月27日(火)】
・テレビで見たイアン結びというのを練習し、
やっとできるようになったら、
ふつうの蝶結びのやり方がわからなくなった。
イアン結びのほうがほどけにくいからいいんだけど。

--------------------------------------------------

またまた間が空きすぎたので、
こういう話題で埋めてみました。


イアン結びなんてはじめてきくけれど、
スポーツをやる人のあいだでは知られていて、
愛用者もけっこういるらしい。

蝶結びそっくりなので、見ただけではわからないだろう。
ただ、蝶結びは左右対称に見えて実はそうではなく、
左右に加わる力が同じでないためほどけやすい。
ところがイアン結びは左右対称になるので、
加わる力が均等になって、ゆるみにくくほどけにくい。

動画で見ると覚えやすいし、
慣れれば簡単で早いので、
蝶結びができなくても構わない。
ま、知ってるほうが気持ちはいいので、
なんとか思い出しておいたけど。



 
【2016年08月12日(金)】
・きのう久しぶりに和太鼓の演奏を生できいた。
 きくというより、硬い音の塊が身体にぶつかってくる感じ。
 これは生演奏じゃないと味わえない。
 うれしくなってきた。 

【2016年08月20日(土)】
・北村薫の『八月の六日間』(角川文庫)を買った。
 北村さんのも久しぶりだな。

【2016年08月23日(火)】
・やっぱり気になるので『夜を乗り越える』(又吉直樹)を買った。

・『八月の六日間』を読んでいると、
 恩田陸の『夜のピクニック』を思いだした。

--------------------------------------------------

『八月の六日間』は、女性編集者がひとりで山に登る話。
『夜のピクニック』は、高校生が学校の行事で夜通し歩く話。
あまり興味は持てなかったのだが、どちらの著者も好きだし、
なんかひっかかるものがあったのだろう。

読んでみると、たしかにそういう話だったけれど、
全体的に静かな印象があり、僕に合っていて楽しめた。


4041042178八月の六日間 (角川文庫)
北村 薫
KADOKAWA/角川書店
2016-06-18

by G-Tools



4101234175夜のピクニック (新潮文庫)
恩田 陸
新潮社 2006-09-07

by G-Tools




又吉直樹の本は、意外と読んでいるんですね。
だからこれも、いちおう書店で手にとってみたのです。
でも、テレビなどと同じ語り口で、
さらっと読めそうに感じたので、
読まなくてもいいか、なんて思ってしまいました。
ばかですねぇ。

それでも、ずっと平台に置かれていると気になり、
ついに買ってみたというわけです。
予想とは大違いでしたね。
内容に抵抗力があるというか、さらっと読むなんてむり。

小説とお笑いに対して、又吉さんがどう考えているのか、
かなりくわしく書かれているように思いました。
かっこいいこと書いている個所では、
誤解する人がいることまで予想しているのか、
自分でツッコミを入れたりして、又吉さんらしさをだしてます。

僕の本の読み方も少しは変わりそうな、
そんな気にさせられる本です。
もうちょっとていねいに読むようになるかも。

これからも読み返すでしょうね。
そのたびにまた何かが変わるかなぁ。

この文章も「です・ます調」になってしまいました。

4098235013夜を乗り越える(小学館よしもと新書)
又吉 直樹
小学館 2016-06-01

by G-Tools